「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

夏椿

ナツツバキ (ツバキ科ナツツバキ属)

別名は、平家物語の「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の. 理(ことわり)をあらわす」で有名な沙羅の木です。
朝咲いた真っ白な花が夕方にはボトンと落ちて木の下が朽ちた花で敷き詰められていく様がは儚さや無常を感じさせます。

ナツツバキ1101



ナツツバキ1102



ナツツバキ1103



ナツツバキ1104



ナツツバキ1105



ナツツバキ1106



ナツツバキ1107



ナツツバキ1108



ナツツバキ1109



ナツツバキ1110

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/07/10(日) 22:44:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<姫沙羅 | ホーム | 蝦夷紫陽花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1868-a52e6e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する