「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

唐糸草

カライトソウ (バラ科ワレモコウ属)

たくさんの蕾を付けた花序は組紐のように美しい、唐糸とは中国から輸入した絹糸のことです。
開いた蕾に花弁は無くオシベのみで花糸を唐糸に見立てて唐糸と名付けられたようです。

カライトソウ1101



カライトソウ1102



カライトソウ1103



カライトソウ1104



カライトソウ1105



カライトソウ1106



カライトソウ1107



カライトソウ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/12(金) 18:48:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<山母子 | ホーム | 糊空木>>

コメント

カライトソウは結構大振りなんですね~
おっしゃるように蕾の状態は 組みひものように美しいですが・・・
理路整然と並んだ蕾がとても素敵です。
咲き揃う前の方が風情がありますね。
  1. 2011/08/13(土) 09:22:54 |
  2. URL |
  3. pole pole #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

pole pole さん
おはようございます。

花序の先端から咲いていきますので満開状態になると、先端部はすでに枯れ始めて茶色くなっています。六分咲きくらいの状態の白色から薄赤紫へのグラデーションが一番美しいと思います。
整然と並んだ蕾はマクロならではの美しさがあって、撮り甲斐がありますね。v-10
  1. 2011/08/13(土) 10:10:24 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1894-9beb578a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する