「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

畔筵

アゼムシロ (キキョウ科ミゾカクシ属)

夏水仙のオーナー様の田んぼは放置農法?らしく、雑草の宝庫です。写真のミゾカクシは畔も溝も埋め尽くして田んぼの周りに幅1mで繁茂していました。
この雑草の花は小さいですが面白い形をしています。



↓マクロレンズで等倍で撮ってもこの程度の大きさにしが写らない小さな花です。この小花が筵を敷いたみたいに群生して咲いているのです。
ミゾカクシ1101


↓薄いピンク色の可愛い花ですが、見方を変えると猛禽類が威嚇しているようにも見えます。
ミゾカクシ1102


↓バックから見ると背中がパックリと開いた素敵なドレスの様です。
ミゾカクシ1103


↓胸元には黄緑色のネクターガイドがありますが、内側は肌触りが良い様に毛が付いています。
ミゾカクシ1104


↓5本あるオシベのうちネクターガイドに面しているオシベにだけ毛が生えています。
ミゾカクシ1105


↓オシベは5本ですが隣同士でくっ付いているので筒状になっています。先端の葯はくっ付いて鳥の頭のような形をしています。
ミゾカクシ1106


↓メシベは筒状のオシベの中心に有ってオシベの葯を押し開いて出てきます。このように筒状のオシベを突き抜いて出て来る時に受粉する仕掛けはアザミやフキノトウにも見られます。
ミゾカクシ1107


↓こちらのメシベは固くくっ付きあったオシベを突き破って出てきたようです。
ミゾカクシ1108

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/08/29(月) 22:50:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<富士薊 | ホーム | 夏水仙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1906-11a2c9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する