FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

創和(SOWA) GW-7

創和(SOWA) GW-7は「テープもCDもスピードコントロール可能なラジカセ、マイクミキシング付きで、屋外のカラオケもばっちり 」がうたい文句のダブルカセットのCDラジカセです。
オークションでCD不良のダブルカセットを送料込で1980円で落札しました。
カラオケの練習は先生がダビングしたカラオケテープを再生させて、その曲に合わせて自分が歌うのをもう一台のCDラジカセに録音し、それを再生して評価するのですが、ダブルカセットならの左のカセットでカラオケを再々してマイクで歌うのを右のカセットで録音すればよいので1台で済みます。
オマケに昨日ブログにアップしたカセットデッキPHP-PR83のモーターも修理しなくて済みます。
でも、せっかく買ったのだから壊れているというCDも直してみたいのです。
CDを読み込まないのはピックアップレンズの汚れだろうと綿棒でクリーニングしてみましたがダメでした。
メカかエレキか判断するためにSANYOのPHP-PR83からCDユニットを取り外してSOWAのGW-7のCDユニットと交換してみました。

↓ちょっと古いけどダブルカセットが嬉しいSOWAのGW-7。
SOWA GW-7 1101


↓SOWA GW-7のCDアッセンブリー。
SOWA GW-7 1102


↓SANYO PHP-PR83のCDアッセンブリー。
SOWA GW-7 1103


↓SOWA GW-7のCDアッセンブリーのコントロール回路(電子基板)、赤○のハンダを外せば基盤が外れます。
SOWA GW-7 1104


↓SANYO PHP-PR83のCDアッセンブリーのコントロール回路(電子基板)、赤○のハンダを外せば基盤が外れます。
SOWA GW-7 1105


↓電子基板を外した後、赤□で囲ったフックを外せば写真②,③の黒白のピックアップ部のガイドが外れます。
CDアッセンブリーから電子基板とピックアップ部のガイドを外せば、両者はまったく同じメカユニットですから交換が可能です。それぞれ別のアッセンブリーに載せ替えて元に戻せば壊れているのがメカユニットか電子基板か判断が付きます。
SOWA GW-7 1106

結果は両方ともgoodでした。コネクターの接触不良だったのかも?

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2011/09/06(火) 22:37:25|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茶゛道(9) | ホーム | SANYO PH-PR83>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/1911-28725c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する