「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

National Cash Register Class 300 (完結)

ナショナル金銭登録機の300号レジスター (1905年 合衆国オハイオ州デイトン製)

一昨年に分解修理したアンティークレジスターでしが、一部の部品が不足していて完全ではありませんでした。
①合計器が取り外されている。
②金額ボタンのインターロック機構の部品が取り外されている。
③ベルロックが取り外されている。

①の合計器は、米国仕様ならeBayで手に入るのですが、イギリス仕様の為、2進法や12進法での桁上げ機構となっていて入手不能で断念。
今回は②と③の部品をeBayで入手して取り付けることが出来ました。

とりあえずこれでなんとか使用できるようになりましたのでYouTubuにアップしました。http://youtu.be/vCYNgp5sGts




↓キーボードのインターロック部品がすべて取り外されています。この状態では同じ桁の金額ボタンを同時に押すと途中で止まって分解修理が必要となります。
National Cash Register class 300  1201


↓インターロックの部品を取り付けた状態。
National Cash Register class 300  1202


↓金額ボタンの「5D」を押した状態。1D~4D、6D~11Dは隙間が開いていないので押せません。
National Cash Register class 300  1203


↓とても高価なベルロック。高価ですが溝が錆びていて同時購入したキーが入りません。
National Cash Register class 300  1204


↓分解して注油とクリーニングをまる一日繰り返してなんとか使える状態になりました。
National Cash Register class 300  1205


↓レジスターに取り付けました。
National Cash Register class 300  1206


↓キャビネットとの位置が僅かに合わないのでキャビネット側の穴を少し大きくしました。
National Cash Register class 300  1207

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2012/06/05(火) 23:10:52|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鼬萩 | ホーム | National Cash Register 7240 (完結)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2077-a68662d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する