「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

鼬萩

イタチハギ (マメ科イタチハギ属)

手取川の川原に群生していました。
イタチの尻尾の様な穂状花序は、下の方から開いたオシベの葯で白色、中間部は熟していないオシベの葯の黄色、先端部は紫色の一枚の花弁が蕊を包み込んで濃い紫色となっています。
オシベは10本、メシベは1本と見受けられます。受粉していないメシベは花序の先端にあり、熟したオシベの花粉は花序の下部にあるので自家受粉しないようになっています。

イタチハギ 1201



イタチハギ 1202



イタチハギ 1203



イタチハギ 1204



イタチハギ 1205



イタチハギ 1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/06/06(水) 21:18:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<河原撫子 | ホーム | National Cash Register Class 300 (完結)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2078-4956f33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する