FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

TOTO バス水栓 TMY7型 Oリング交換

TOTO バス水栓TMY7型は安価な混合栓ですが、長く使っているとレバーが止水位置でカチッと止まらなくなります。構造的な問題らしく当ブログに検索で訪れる方が少なくありません。
レバーが重くなると、きちっと止水位置になっていないのに気づかず、チョロチョロと漏れるていることがあります。
シリンダーを外してクリーニングすると直るのですが、一年ぐらいしか効果が続きません。
内部のOリングを外せることが分かりましたので交換してみました。

シリンダーの外し方は前回のブログで確認してください。http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1756.html

↓写真中央の四角い金属2個、ゴムのOリング2個、黒いプラスチックの筒が一体となって写真下の黒いプラスチックの筒の中に納まっています。
TOTO TMY7 1201


↓内側の黒いプラスチックの筒は外側の黒いプラスチックの筒に入っていますが、溝が合わさっているだけなので指を入れて強く引くことで抜き出すことができます。
TOTO TMY7 1202


↓ホームセンター(水道部品コーナー)で適当なOリングを買ってきました。サイズが正しいかどうか分かりませんが、内径13.8mm太さ2.4mmが元々入っていたものに近いようでした。値段は3個入りで170円でした。 
TOTO TMY7 1203


↓金属のシリンダーを入れてからOリングを入れて、Oリングの内側に四角い金属を乗せます。
TOTO TMY7 1204


↓溝を合わせて外側の黒いプラスチックの筒に挿入します。
TOTO TMY7 1205


↓ここまで挿入したら、金属のシリンダーを抜きます。そうしないと内側の黒いプラスチックの筒がこれ以上入らないからです。
TOTO TMY7 1206


↓これでOリングの交換が終わりました。
TOTO TMY7 1207


↓組み立てる時に赤マルの溝と下の写真の赤マルのホゾを合わせるよう注意してください。
TOTO TMY7 1208



TOTO TMY7 1209


↓シリンダーを本体にセットする時、黒いプラスチックの筒と上の写真の白いプラスチックを合体したまま挿入すると位置ずれしません。
TOTO TMY7 1210

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2012/07/22(日) 00:13:19|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トイレのリフォーム | ホーム | 白花苦菜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2116-b2c9bea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する