FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

檜扇

ヒオウギ (アヤメ科アヤメ属)

一日花で朝開いて夕方にはタオルを絞ったように萎みます。種子は漆黒で「ぬばたま」と呼ばれます。

インターネットの百科事典Wikipedia(ウィキペディア)によると、「従来はヒオウギ属に属するとされていたが、2005年になって分子生物学によるDNA解析の結果からアヤメ属に編入された」そうです。
よく似た花のヒメヒオウギズイセンはアヤメ科ヒメヒオウギズイセン属です。
ヒオウギとヒメヒオウギズイセンの見た目の違いははっきりしているので見分けは簡単です。しかし呼び方の似たような名前の花として、ヒオウギズイセンやヒメヒオウギズイセンがありますので私は時々名前を間違えます。


ヒオウギ1201



ヒオウギ1202



ヒオウギ1203



ヒオウギ1204



ヒオウギ1205



ヒオウギ1206



ヒオウギ1207



ヒオウギ1208

---------------------------------------------------


↓ヒオウギと名前が似ている一般的なヒメヒオウギズイセン。
ヒオウギ1211


↓上の写真のヒメヒオウギズイセンより草丈が低いので、この写真の花の方がヒメヒオウギズイセンの名に相応しい。
ヒメヒオウギズイセン1211



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/08/14(火) 23:20:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<松明草 | ホーム | 悪茄子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2137-23b1ea1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する