「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

継子の尻拭い

ママコノシリヌグイ (タデ科タデ属)

海岸の漂着物を栄養にしてに群生していていました。
名前のわりには可愛い花です。可愛い花のわりには茎には鋭い棘がいっぱいです。
この茎でお尻を拭くのと、目玉に注射を打つのとでは、どちらが痛いでしょうか?


ママコノシリヌグイ1201



ママコノシリヌグイ1202



ママコノシリヌグイ1203



ママコノシリヌグイ1204



ママコノシリヌグイ1205



ママコノシリヌグイ1206

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/09/13(木) 22:31:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<蔓豆 | ホーム | 白花桜蓼>>

コメント

どっちでしょ

 かわいらしい 小さな花なのに
 今も昔も なさぬ仲は 難しいですね。
 とげに刺されないように 探してみましょうv-235
 
  1. 2012/09/15(土) 14:17:32 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]

小紋さん
こんばんは。

自分の子でも虐待する親がいるのですからv-12、まして他人の子で、なつかない子は可愛くないでしょうねv-40

それに比べて、孫は可愛いですね~v-10
目に入れても痛くない、針に比べてかなり大きいけど・・・v-8
  1. 2012/09/15(土) 23:51:50 |
  2. URL |
  3. orugodon #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2152-f78943b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する