FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

稲架

稲架(はさ)は刈り取った稲を乾燥させる為の木組です。

今では殆んどの農家がコンバインで刈り取った籾をトラックに積み込んでカントリーエレベーターへ運んで乾燥するのですが、カントリーエレベーターでは自分の育てた稲と他所の農家が作った米が混ざってしまいますので、自分の作った米を食べたい、食べさせたいという、こだわり農家は自分で刈り取って稲架に掛けて乾燥させます。
稲架に一束づつ掛けるのは時間がかかるし、台風が接近すると稲架が倒れないようにせっかく掛けた稲を降ろさなくてはならないなど作業効率が悪いのでした。能登地方では湿田が多いとか、稲架で干したコメは美味しいなどの理由で殆んどの農家が「はさ」掛けでした。

加賀平野では耕作面積が大きく収量が多いために稲架では処理しきれないので、刈り取った田で数束づつ寄せて立てて乾燥したあと、夜露や雨にぬれないように「にゅう」に積み上げます。この方法は稲架に比べて十分な乾燥ができないのですが、作業効率が抜群に良かったようです。

稲架1201



稲架1202



稲架1203



稲架1204



稲架1205


↓昭和46年発刊のカメラ飛行・日本列島(山と渓谷社)より抜粋の金沢平野の航空写真です。菊の花模様は刈り取って乾燥中の稲。三つの点に見えるのが稲穂を中心に向けてを円柱状に積み上げた「にゅう」です。
金沢平野の稲刈り


↓刈り取った稲束を数束づつ立てて菊の花の様に横に並べて乾燥させています。その後夜露や雨にぬれないように「にゅう」に積み上げます。畔で囲まれた長方形の田に3つの「にゅう」を作っています。
秋の金沢平野

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/19(水) 23:51:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
<<桜蓼 | ホーム | 塩生湿地>>

コメント

おはようございます!
何と素敵な稲架掛けなんでしょう!

上から見るとこんなになっているのですね~
ミステリーサークルも真っ青な美しさです!
畳の上に つけられた菊 渦 点々!
人間業とは 思えないです~~^^;
理にかなったはさ掛けなんですね~~
上から見るとこうなっていることを知っていて積み上げているのでしょうかね?
それとも宇宙人と交信しているとか・・・
考えたら 眠れなくなりそうです。
朝から 素晴らしいものを拝見してしまいました。
  1. 2012/09/21(金) 08:38:39 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
こんばんは。

金沢平野の農家の方は、理にかなった方法で農作業をしていただけですけど、それを上空から撮ったカメラマンの発想(創造力)が素晴らしいですね。
季節と日時と天候と場所のすべてを最高の状態で切り取るプロの技ですね。今では二度と撮ることのできない写真です。
ナスカの地上絵も金沢平野の模様も人間の自然な営みであって、その時代に生きていた人にしかわからないことなのでしょうね。
  1. 2012/09/21(金) 23:03:12 |
  2. URL |
  3. orugodon #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/09/22(土) 16:08:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

稲架

稲架は見ることが出来なくなりました。
効率を考えた結果ですね。

美味しいお米は高く売れる。
この原則が通ば現象も変わってくるのでしょう。

昭和46年の金沢平野の航空写真。
最初、織物の模様かと・・・

見事なマスゲームですね。
このような写真が将来、再び見ることが出来ると好いですね。

それには食料自衛の精神を日本人が真剣に考えれば、
それ程難しいとは思えないのですが・・。
  1. 2012/09/22(土) 21:02:09 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

ijinさん
こんばんは。

写真のような金沢平野の風景は、今後見られることは無いでしょうが、稲架はしばらくは見ることができると思います。余暇で農業をする団塊の世代のかたが多くいて、機械に頼らず(買えない?v-8)すべての農作業を自前でするからです。専業農家と自給自足型農家の二局化が進むでしょう。
そもそも国土の狭い日本で食糧を全て自給することなど無理だと思いますが、せめて80パーセントぐらいは自給できる体制で地球規模の食糧難に備えてほしいものですね。
  1. 2012/09/23(日) 21:20:21 |
  2. URL |
  3. orugodon #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2156-99951e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する