FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

凡篤蓼

ボントクタデ (タデ科イヌタデ属)

ボントクタデとは誰が名付けたのでしょうか?
デジタル大辞泉に「凡篤」の解説はありません。
個々の漢字には、
【凡】は、事物の形状や人の心情などが、はっきりしないさま。ぼんやりしているさま。「凡人」「凡愚」
【篤】は、よく念を入れて物事を行うさま。じっくりと。「篤と考えてみる」「篤と御覧ください」
という解説がありますので、「凡篤」とは、「じっくり見てもよく分からないタデ」ということでしょうか?

たしかに肉眼で見た限りでは小さくてよく分かりませんが、虫眼鏡で見ると蕾が真紅で、開いた花も可愛いです。


ボントクタデ1201


ボントクタデ1202


ボントクタデ1203


ボントクタデ1204


ボントクタデ1205


ボントクタデ1206


ボントクタデ1207


ボントクタデ1208

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/10/17(水) 21:17:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<柳蓼 | ホーム | 溝蕎麦>>

コメント

タデ科のお花を楽しませていただいています。
どれもとても可愛いですね。
小さい花を撮る根気が 今のところなくって・・・
そのうちにと思っているうちに 終わってしまいそうです。

ところで ちょっと前から気になっていたのですが・・・ 
確か おるごどん さんだったのが いつのころからか orugodon さんになっています。
なにか 心境の変化でも おありでしたでしょうか・・・
妙に気になるのねんのねん! v-8
  1. 2012/10/18(木) 14:06:36 |
  2. URL |
  3. pole pole #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

pole pole さん
こんばんは。

>なにか 心境の変化でも おありでしたでしょうか・・・

はい、「年寄りがでしゃばってはいけない。控え目で奥ゆかしく振舞うこと」と思うようになりました。v-8
おるごどんがorugodonに変わっているのは、心境の変化とは関係ありません。たぶん「なりすまし」犯が私の名前をかたってコメントしているものと思われます。v-12
これからは、おるごどんがorugodonになりすまします。v-396
  1. 2012/10/18(木) 22:00:01 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2171-14583231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する