「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

座禅草

ザゼンソウ (サトイモ科ザゼンソウ属)

残雪を融かして咲くザゼンソウの花は風媒花でも虫媒花でもないと思っていました。
昨日、ザゼンソウの花の入口に小さな蜘蛛の巣が張られていることを発見しました(写真3)。蜘蛛の巣があるということは蜘蛛が昆虫を捕まえる為にどこかに潜んでいるということだし、今年は残雪も少なく暖かな日が続きましたのでザゼンソウの悪臭に誘われて小さなハエの仲間が訪れているということなのでしょう。

昨年のブログ(座禅草の花)で、「雌性先熟なのは、残雪の侯では昆虫による受粉が期待できないから・・・」と考察しましたが・・・(汗)


↓写真1(座禅草の紅い仏炎苞と黄色い肉穂花序。黄緑色は巻いた葉)
ザゼンソウ1301

↓写真2(仏炎苞の内部に飛び散った黄色い花粉)
ザゼンソウ1302

↓写真3(座禅草の仏縁苞に張られた蜘蛛の巣)
ザゼンソウ1303

↓写真4(蜘蛛、写真をクリックすると拡大します)
ザゼンソウ1304

↓写真5(仏炎苞の中で潜む蜘蛛)
ザゼンソウ1305


写真6(肉穂花序と同色の蜘蛛。写真をクリックすると拡大します)
ザゼンソウ1306

写真7(カメラのレンズに睨まれて苞の上に退避した蜘蛛)
ザゼンソウ1307

写真8(座禅草の咲く杉林、雪は殆んどありません)
ザゼンソウ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/03/21(木) 20:46:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<尾山神社の梅 | ホーム | 気多大社の梅>>

コメント

おお~ 素晴らしい考察ですね~
確かにこの周囲の雪は 発熱でとけているんですよね~ すごいエネルギーだと思います。
クモ さん 糸を張って手薄ね引いて 待てを決め込んでいたのですね。
花粉の散った仏炎苞のなか すごいことになっていますね~
こういうところにいたら クモさん 黄粉まみれになりますよね。v-8

クモさんが肉穂の上を這いずりまわって 受粉のお手伝いをしているのかな~ 
自家不和合なので 他のところへ行かねばなりませんね。風任せで飛ぶのかな~
クモ だったら可能かも~
考えたら 眠れなくなりそう~~v-12

やっぱり悪臭につられてやって来る小さな飛びものがやってくるのでしょうか。
でも 気温の低い時期に開花するから 訪花昆虫は限られるのでしょうね。
ウィキペディアによれば 野ネズミ さんが 食害して貯食することで 種子が散布され 発芽することもあるとか・・・
  1. 2013/03/22(金) 10:01:36 |
  2. URL |
  3. pole pole #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

pole pole さん
こんばんは。

>野ネズミ さんが 食害して貯食することで 種子が散布され・・・。

数年前に訪れた時、どの仏炎苞にも肉穂花序が無く、誰かが「薬」にするために千切っていったのかと思いましたが、野ねずみさんだったのでしょうか?
イノシシや冬眠から覚めたクマが地下の芋を掘り起こして食べるということもどこかで読んだ気もします。
例年だと残雪が多く、野ねずみもハエもクマもイノシシも活動していないのですが、やはり暖冬で環境が変わってきているのでしょうね。

クモさんは「手薄ね」でスキを見せているようで、実はたくさんの手足を使って「手薬煉」を引いているのでしょうねv-8
  1. 2013/03/22(金) 22:19:51 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

本場の座禅は杉の落葉が敷物なんて厳しいのですね。
今年も奥の奥まで楽しませて頂き有り難うございました♪
  1. 2013/03/23(土) 23:13:49 |
  2. URL |
  3. 九ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

九ちゃん
おはようございます。

杉の落ち葉が敷物の座禅草は恵まれている方です。殆んどの座禅草は水芭蕉の様に湿地の中です。
湿地の沼から上がってゴム長靴を脱いだところ靴下が濡れていました。長靴のカカトが擦り減って穴が空いていました。お金に恵まれない「おるごどん」でしたv-8
  1. 2013/03/24(日) 09:29:22 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2220-6a31d932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する