「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

深山傍食

ミヤマカタバミ (カタバミ科カタバミ属)

杉林の木漏れ日の射す林床でピンク色のカタバミを見つけました。
珍しいミヤマカタバミを発見したと喜んでいましたが、別の場所でもたくさん生えていました。
確かにピンクのミヤマカタバミは可愛いですが、白色の方が清楚で素朴で、山野草のイメージには合っていると感じました。

ミヤマカタバミ1301


ミヤマカタバミ1302


ミヤマカタバミ1303


ミヤマカタバミ1304


ミヤマカタバミ1305


ミヤマカタバミ1306

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/04/23(火) 23:31:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<薇 (発条) | ホーム | 片栗>>

コメント

漢字

≪深山傍食≫
表題を見ただけでは何のこと?と思いますが、
確かにミヤマカタバミと読むんですね。
いつも漢字を見て感心しています。
なるほどカタカナではわからない状況がそれと無くわかってくることがあります。
  1. 2013/04/24(水) 20:36:05 |
  2. URL |
  3. kaach #-
  4. [ 編集 ]

カタバミは好きな花です

カタバミは好きな花です。

しかし、」魅ヤマカタバミは初めて見ました。
ピンクがかったのは綺麗です。

白いのは下から2)でしょうか。

咲いている現場に私も行ってみたいですね。
  1. 2013/04/24(水) 20:55:52 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

kaach さん
こんばんは。

カタバミって漢字で書くと「酢漿草」とも書きますね。
これは小さなオクラの様な実を齧ると酸っぱいからなのでしょう。子供の頃この実を齧った記憶があります。
一方「傍食」と書くのは閉じた葉が片方を食べられたように見えるからでしょう。
  1. 2013/04/24(水) 23:37:33 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

ijin さん
こんばんは。

白いカタバミは上から2枚目と下から2枚目です。
ミヤマカタバミが咲いているのは深山というほど深い山奥ではなく里山の杉林の林床や林道脇などの半日蔭で、この時期白山麓では普通に見られます。
林床一面に咲いている素朴な白い花を眺め、清浄な空気を吸うと長生きできるような気分がします。
ご一緒にのんびりと花撮りしてみたいですね。
  1. 2013/04/24(水) 23:56:24 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2236-8e6f1a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する