「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

監視社会

昨日のテレビで「監視カメラで瞬時に顔認識してデーターベースで直ぐに本人特定ができ、マイナンバーでプライバシーが全てばれる」と報じていました。


①反原発活動家
今週の日曜日、山里では最近熊が出るとのことなので、しばらくは海浜植物でも撮ろうと能登半島の海浜を走っていて、志賀原発の前を通った際に防潮堤の写真を撮りました。警備会社の車から二人の警備員が降りてきて「どうされました?」と聞くので、「この防潮堤って本当に大丈夫?、ちょっと低くない?」と聞きました。「こんな所で写真を撮っていると監視カメラに映りますよ」「何も悪いことしていないので写ってもいいんだよ、それとも写真撮ったらダメなの?」「別に写真を撮るぐらいは問題ないのですが・・・・」などと問答をしていると、「おるごどんやないか、久しぶり」ともう一人の格好いい警備員が笑顔で話しかけるのです。あらまぁ、同窓生のT君ではあ~りませんか。T君の立場もあるのでサッサと引き上げました。T君は真面目な性格ですから、今日の業務日誌には「金沢ナンバーの車で原発の写真を撮っている者がいた」と書かざるをえません。もう一人の警備員は「警備員Tの同窓生が原発の写真を撮っていた」と書くのでしょうか?これで私も反原発の活動家としてマークされるのでしょうか?
その時の写真が↓です。この場所自体が海抜11メートルなので防潮堤は4メートルで十分なのだそうです。

志賀原発防潮堤1301


②放火魔
今朝出社前に会社の近くで文化財の研究をしました。監視カメラに臆することなく名刹のお寺の講堂の屋根の装飾品や瓦をチェックして、講堂の縁の下に放置してあった鬼瓦や鐘を釣っていた鉄のフックと正体不明の木札を繁々と眺め回し、手に取って材質等を調べていると、慌ただしく講堂の中から怪しげなおっさんが現れ「あんた今、ライターで火を付けたでしょう?」なんて私を放火魔扱いするのです。「はい、ライターではありません、携帯でこの木札を撮ったのです、これって鐘撞きの数を間違えないように数えるものですよね」
「そうだ、12枚あるだろ」
「1,2,3.....11枚しかありません、1.2.3..やっぱり11枚ですねぇ」
「どうでもよいから、それ持っていきなさい。いらないものだから」
庭掃除をしているお爺さんに「おはようございます」の声掛けもしているのに、いくら身なりが汚いからといって善良な仏教徒を放火魔扱いするのはひどいですね~。でも、珍しい木札が手に入ってラッキーだったかも。
もう私は顔認識システムに登録されていたのでしょうかね。
その時の写真が↓です。因みに、浄土真宗では朝の鐘は11回撞くらしい。

時鐘備忘板1301

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

  1. 2013/05/31(金) 22:56:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<浜茄子 | ホーム | 菖蒲、文目、綾目>>

コメント

あらあら

 システムに撮られるときは お化粧しなくては。
 草取りで真っ黒だから 写らないかも・・・
 鐘付きの時に 数える札があるって初めて知りました。
 鐘つく犬がいるのは ヤフーの目次ページで 知りましたv-17
  1. 2013/06/02(日) 19:56:56 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]

小紋 さん
こんばんは。

顔認証システムは化粧では誤魔化せません。v-12
骨格とか各パーツの距離や特徴がデーターベース化されているようです。タヌキやキツネでも誤魔化せませんよv-8

今どき、お寺の鐘を時計代わりにしている人はいませんが、昔はお寺の鐘の数を間違うと、人々の生活に支障をきたすこともあったようです。「きょうはお八つがないのか?」なんてv-8
ですから、頭の悪いというか、記憶力が悪い坊主は鐘を一つ打つたびに、石を並べるとか柱に傷をつける必要があったのではないでしょうか?
写真の木札が鐘の数を合わせる為の物かどうかは不明ですが、札の表裏になにも書かれていないところを見ると、単に数を合わせる為に一枚づつ捲ったのではないかと考えられます。
  1. 2013/06/02(日) 23:03:08 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2266-a606c90e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する