「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

松明草

タイマツソウ (シソ科モナルダ属)

今年は4株のタイマツソウが咲きました。宿根草ですから毎年同じところに咲きます。花期も一月ぐらいと長いので旬を見逃しても燃え残りの赤黒い松明をみることができます。
先週から咲き始めましたので、4株がそれぞれ点火時期から燃え盛っている様子までを見せてくれます。
オシベは2個ですが先端で葯がくっ付いています。自家受粉を防ぐ為にメシベはオシベより長く伸びて先端が割れてカギ状になります。



タイマツソウ1301


タイマツソウ1302


タイマツソウ1303


タイマツソウ1304


タイマツソウ1305


タイマツソウ1306


タイマツソウ1307


タイマツソウ1308

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/30(日) 22:11:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<麒麟草と紅蜆 | ホーム | NTT FX-DCL-TEL>>

コメント

真っ赤に燃えさかる姿を見て

見る人はどんなことを患者えるのでしょうね。
いつかは消えることが分かっているわけでしょうし。
燃えて曲がっている姿はどこか岡本太郎の
作品を思い出してしまいました。
赤黒いすがたというのもまたいいかなって
感じました。
お晩です、おるごどんさん。
またお邪魔します。
  1. 2013/07/02(火) 23:45:16 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
こんばんは。

タイマツソウの赤い花を見て私が感じるのは、「怒り」ですね、不動明王の後背にある炎です。
季節を色に例えると、春は青 夏は赤 秋は白 冬は黒だと言われますが、これは人生にも当てはまることで、わたしなどは白から黒になりつつあります。
情熱の赤い炎を燃やし続けるものは神や仏の世界のことで、この世には永遠不滅の者など存在しないのでしょうね。
なんちゃって~v-8
  1. 2013/07/03(水) 00:34:43 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2291-abe510f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する