「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

現の証拠

ゲンノショウコ (フウロソウ科フウロソウ属)

紅い花と白い花、それにピンクの花と三色咲いていました。
よくよく見るとオシベの葯が5個のと10個のとがあるのに気づきました。
どうして5個のと10個のとがあるのか調べていると、どうやら10個の葯の内5個が先に開いて落ちてしまい、あとに5個残っているようです。それも一つ置きに5個が先に開いているのです。

↓赤花のゲンノショウコ
ゲンノショウコ1301


↓ゲンノショウコは花びらが5枚、オシベが10本、メシベが1本です。
ゲンノショウコ1302


↓オシベの10本のうち一つ飛びに5個の葯が開いています。
ゲンノショウコ1303


↓オシベが5本の白花のゲンノショウコ。よく見ると5本のオシベの葯が落ちている。
ゲンノショウコ1304


↓ピンク色のゲンノショウコ、赤色と白色の自然交配と思われます。
ゲンノショウコ1305


↓ヒラタアブが葯の花粉を食べにきています。
ゲンノショウコ1306


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/09/11(水) 22:09:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<白花鴎蔓 | ホーム | 小葉の擬宝珠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2325-fb27f4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する