「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

雄山火口

オヤマボクチ (キク科ヤマボクチ属)

花はアザミと殆んど同じですが葉はまったく違って、棘はなく裏が真っ白でゴボウの葉に似ています、信州ではオヤマボクチの葉から採った繊維を蕎麦のつなぎにするそうです。オヤマボクチの繊維で蕎麦の味や食感が違うのでしょうか? 一度食べてみたいところです。

花の構造はアザミと同じで、尖った総苞片が何列もあります。小花は赤紫で筒状花のみです。
オシベは基部が白色で途中から黒色です。オシベどうしがくっ付きあって筒状となった集約雄髄となっており筒の先端部に約が詰まっています。メシベが集約雄髄の中で伸びて葯を押し出しますと黒いオシベの先端に白い粉が付いた状態となります。この状態ではオヤマボクチは黒い色の花と見えるわけです。
葯を押し出したメシベはピンク色でどんどんの延びます。この状態では赤い色の花と見えます。
その後、黒いオシベは薄茶色に代わり、ピンクのメシベも色あせて花弁が朽ち落ちると金色に輝く綿毛に覆われます。


オヤマボクチ1301


オヤマボクチ1302


オヤマボクチ1303


オヤマボクチ1304


オヤマボクチ1305


オヤマボクチ1306


オヤマボクチ1307


オヤマボクチ1308


オヤマボクチ1309


オヤマボクチ1310


オヤマボクチ1311


オヤマボクチ1312

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/10/30(水) 22:45:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<蔓竜胆 | ホーム | SEIKO SPIRIT 電池交換>>

コメント

こんばんは!

大きなアザミといったところですね~
さすがにチョウはもう来ないでしょうか・・・
虻蜂撮らずにならないで よかったです~v-8
この時季 ハチやハナアブは元気に花から花へと飛び回っていますね。
  1. 2013/10/31(木) 01:09:50 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
こんばんは。

>虻蜂撮らず<
私は蜘蛛ですかv-12
雲助と言われることはありますけど・・・・。

アキギリの花に蜂が入り込むのを撮りに行ったのに、オヤマボクチにアブやハチが群がっていてハチの写真だけでも何十枚も撮れました。アブは数枚でしたけど。
ということで、アキギリもオヤマボクチも撮れましたしアブもハチも撮れましたので、「二兎を追うもの虻蜂も撮る」ってことでした。v-8
  1. 2013/10/31(木) 22:42:42 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2367-17f9b920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する