「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

プリンタードラムの花瓶

ラインプリンターの活字ドラムで花瓶を作りました。
1960年代のコンピューターのプリンターは活字ドラム方式のラインプリンターでした。
活字ドラムは超硬合金で出来ていましたが、使用頻度の高い一部の活字が摩耗するとドラムごと交換する必要がありました。交換して不用となったドラムに落しを入れれば花瓶になります。



↓ドラムの直径は約16cm長さは35cm、重さは15kgです。とても重くて女性では持てません。
活字ドラム 1401


↓ドラムの1周に数字、アルファベット、記号、カタカナで128個の活字が刻まれておりそれが132行分並んでいるわけです。ドラム全体で126x132=16896個の活字が花瓶の文様となっています。
活字ドラム 1402


↓ドラムの両端は軸を通す円盤で蓋がされています。
活字ドラム 1403


↓片側のフタを外すと花瓶の口となります。
活字ドラム 1404


↓花瓶の底になる部分の座りが良くなるように、また床や板に傷がつかないようにフェルトを貼り付けます。
活字ドラム 1405


↓ドラムの内径より小さな花瓶を落としとして使用します。
活字ドラム 1406


↓落としを入れて花瓶の出来上がり。
活字ドラム 1407


↓世界でひとつのモダンな花瓶です。あまりの重さに床の間の床が抜けると困るので隅に置いておきます。
活字ドラム 1408

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/06/13(金) 23:29:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桐の火鉢 | ホーム | 色絵 紫露草 青椿 花瓶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2478-fb36e7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する