「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

駒繋

コマツナギ (マメ科コマツナギ属)

名前の由来は漢字名のとおり、馬を繋ぐことができる低灌木から。
地下に十分根を張った木本ですから、簡単に根が抜けたり枝が折れたりはしません。
花序は円錐形で下から上に向かって順番に咲いていきます。
小花はマメ科の特徴的な形で旗弁が1枚、翼弁2枚、竜骨弁が1枚となっています。
たくさんの花序のひとつひとつに小花がたくさん咲きますので、実(鞘豆)はさぞかし多く実るように思われますが結実する数はさほど多くはないようです。

コマツナギ1401


コマツナギ1402


コマツナギ1403


コマツナギ1404


コマツナギ1405


コマツナギ1406


コマツナギ1407


コマツナギ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/07/24(木) 23:42:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<鬼百合 | ホーム | 屁糞蔓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2503-4eb59b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する