「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

青柳草

アオヤギソウ (ユリ科シュロソウ属)

過去にはシュロソウとしてアップしていますが、今回はアオヤギソウということにしました。
シュロソウよりアオヤギソウのほうが名前が素敵だから・・・・。
そもそも、シュロソウにしてもアオヤギソウにしても名前の由来がいまいち納得できません。
シュロソウの名前の由来は茎の付け根にシュロのような網目が残るからだとか・・・・そんなの見たことがありません!
アオヤギソウは葉が柳の様だからだそうですが、どこをどう見れば柳の葉なのでしょう?
もっと不思議なのが、花被片の途中に蜜腺があることです。
花被片にとまった小さなハエさんは足がくっ付いてもがいていました(3枚目の写真)。ムシトリナデシコのように花外密栓であればアリを引き寄せることによりアブラムシから身を守る為という説もアリですが、
アオヤギソウは茎の途中ではなく花弁の途中です、花の中心より花弁の途中の方がより多くの虫を引き寄せられるからということでしょうか?



アオヤギソウ1401


アオヤギソウ1402


アオヤギソウ1403


アオヤギソウ1404


アオヤギソウ1405


アオヤギソウ1406

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/08/13(水) 21:58:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
<<畔筵 | ホーム | 森青蛙>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/08/19(火) 09:28:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

アオヤギ草を見ていたら

最後の方の写真を見て、
「蕾がカエルさんの手みたい」
と思った次第です。
ぺたりとくっついてきたりしそうですね。
お晩です、おるごどんさん、いつもありがとうございます。
またお邪魔します。
  1. 2014/08/28(木) 23:40:20 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

苦労は報われる?

kozoh55 さん
おはようございます。

ヤナギとカエルは付きもので、花札でも見かけますね(小野道風とカエルの「あきらめずに頑張れば、困難な事を打ち破る事が出来る」という例え話」)v-8
青柳の花がコバエを捕まえてくれるので、
写真の黒アマガエルは苦労しないで餌を手に入れようと青柳の葉でスタンバイしているのでしょうかv-12

  1. 2014/08/30(土) 08:37:13 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2511-f466c49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する