「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

紅花沢桔梗

ベニバナサワギキョウ (キキョウ科 ミゾカクシ属)

前回アップしたミゾカクシ属のミゾカクシ(アゼムシロ)と同じキキョウ科 ミゾカクシ属です。
サワギキョウというミゾカクシによく似た花は知っていましたが、実際には見たことがありませんでした。
先日エノコログサを撮っていて偶然に赤いサワギキョウを見つけました。
花の構造はミゾカクシと同じで5枚の唇弁で背中がパックリと割れています。5本のオシベがくっ付いた集約雄髄の中を、メシベが延びて花粉を押し出し、メシベが集約雄髄から露出してから開くようになっています。
真っ赤なドレスの背中が大きく開いていて、レッドカーペットの女優のように華やかです。

ベニバナサワギキョウ1401


ベニバナサワギキョウ1402


ベニバナサワギキョウ1403


ベニバナサワギキョウ1404


ベニバナサワギキョウ1405


ベニバナサワギキョウ1406


ベニバナサワギキョウ1407


ベニバナサワギキョウ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/08/30(土) 23:51:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<金狗尾草 | ホーム | 畔筵>>

コメント

こんにちは!

とっても鮮やかな赤ですね~
そして何と艶やかなこと!
雌しべの先端がまた面白いです。
こういう環境に咲いているのですね~
出会ってみたくなりました。
  1. 2014/08/31(日) 16:15:05 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
おはようございます。

>こういう環境に咲いているのですね~
いいえv-8、サワギキョウ(沢桔梗)は名前のごと、「山地の湿った草地や湿原などに自生する」のだそうです。
紅花沢桔梗はサワギキョウのように青紫ではなく赤い色をしているので紅花を冠しており、原産地は北アメリカで園芸品種らしいです。
たまたま草地に生えていたということです。
今後は特定外来種として要注意扱いされるのかもしれませんね。v-12
  1. 2014/09/01(月) 10:33:55 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2513-9d85d7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する