「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

水引

ミズヒキ (タデ科イヌタデ属)

祝儀・不祝儀で物を包むときに掛ける水引からとられた名前です。
小花の上半分が赤色で下半分が白色です。しかし2枚が赤色で2枚が白色ではありません。
上の一枚が赤色、下の一枚が白色、左右の二枚の花被片は真ん中より上部が赤で下部が白なんです。
とはいえ、遠目に見ると赤色の水引です。
小花全部が白色のミズヒキもありますが、これはギンミズヒキとよばれています。

ミズヒキ1401


ミズヒキ1402


ミズヒキ1403


ミズヒキ1404


ミズヒキ1405


ミズヒキ1406


ミズヒキ1407


ミズヒキ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/10/06(月) 20:19:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<石実皮 | ホーム | 花蓼>>

コメント

よく見る

 あ、水引咲いた で終わりますが 花の付き具合 色の感じ 
 よく見ないといけないですね。
 早速 裏庭に出てみましょう。秋の美しさを見に。
  1. 2014/10/07(火) 10:12:44 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]

小紋 さん
こんばんは。

夏に水遣りをしないと葉っぱの縁が枯れてみすぼらしいのですが、秋になると小さな花が真紅でとても美しいですね。この時期になると無精で放置していた庭に、ミズヒキが群生していて、雑草の美しさに気付かされますねv-10
  1. 2014/10/07(火) 23:20:54 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2535-932b4183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する