「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

車葉白熊

クルマバハグマ  (キク科コウヤボウキ属)

名前の由来は、葉の形が矢車に似ていて、花が終わった後の綿毛がハグマに似ていることから・・・
ハグマは白熊と書きますが、毛槍の先に付いている白い毛のことを言います。この毛はヤクの毛で作られていて、白い毛をハグマ(白熊)、赤い毛をシャグマ(赤熊)、黒い毛をコグマ(黒熊)と言います。

花はキク科で数個の小花で花冠を構成しています。小花は筒状花で先端が5つに分かれてカールします。
オシベは集約雄髄で5つのオシベがくっ付きあって筒となり、おりその中をメシベ(花柱)が伸びてきます。
メシベは雄髄から出てから先端が割れて受粉可能となることから自家受粉を避けているようです。
小花の基部には綿毛となる毛(冠毛)が準備されています。

クルマバハグマ1401


クルマバハグマ1402


クルマバハグマ1403


クルマバハグマ1404


クルマバハグマ1405


クルマバハグマ1406


クルマバハグマ1407


クルマバハグマ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/10/20(月) 19:19:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<袋撫子 | ホーム | 現の証拠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2546-7c62e8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する