「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

木偶の坊

デクノボウは「木偶の棒」と書くのだと思っていたのですが、「木偶の坊」と書くのだそうです。
意味合いとしては「操り人形」すなわち「操られている愚か者」ということです。そうです私の事です。
白山市の旧尾口村役場の手前の交差点を真っ直ぐに白峰方向に向かい、カーブした女原大橋を渡った坂道の途中から山の中に入ったところにあるのが旧尾口村東二口の集落です。
山の中腹にあって田も畑もない小さな集落なのですが、国指定の重要無形文化財、人形浄瑠璃を守り伝えています。
でくの舞が上演されるのは真冬の2月ですから、今頃行っても入ることも見ることもできないのですが、運よくでくの舞いの会場である東二口民俗資料館に入ることができました。



↓東二口の集落の眼下には女原大橋や女原の集落が見えます。東二口の集落がいかに高い場所かということが分かります。
白山市女原大橋と女原集落1401


↓江戸時代には100戸もあったのですが、今では十数戸の限界集落となっています。
白山市東二口集落1401


↓積雪が多いので2階から出入りできるようになっています。(近年は融雪や除雪されていると思われます)
白山市東二口集落1402


↓龍?
白山市東二口集落1403


↓大黒様
白山市東二口集落1404


↓富士
白山市東二口集落1405


↓蔦(ツタ)
白山市東二口集落1406


↓鶴(ツル)
白山市東二口集落1407


↓最盛期には40もの演目があったそうです。今では6演目で演者も12数名だそうです。
東二口文弥人形浄瑠璃1401



東二口文弥人形浄瑠璃1402



東二口文弥人形浄瑠璃1403



東二口文弥人形浄瑠璃1404

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/23(木) 23:15:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<猿捕茨 | ホーム | 袋撫子>>

コメント

どの紋章も上品で美しい

ですね。こんな意匠を競い合う土蔵は
見ていて飽きないでしょうね。
建てたかたがたの誇りを感じました。
お人形さんたちの顔がどれも美しい
持って帰りたくなりますね。
またお邪魔しますおるごどんさん。

PS 湯河原であの大正時代のレジスターまた
  見つけました、なんど見てもほれ直します
  1. 2014/10/25(土) 23:26:02 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
こんばんは。

大正時代のレジスター、欲しいですぅv-8
でも、重くて運べないでしょうし置く場所もありません。明治から昭和までもう10数台修理待ちです。v-12

鏝絵、龍と蔦はセンスがありますよね。
昔は左官屋さんが土蔵のお仕事のお礼に鏝絵を作ったそうです。左官屋さんの腕の見せ所だったのでしょうね。
  1. 2014/10/26(日) 00:37:45 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2548-6e28f813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する