「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

藤袴

フジバカマ (キク科ヒヨドリバナ属)

花の色が藤色でガクが袴のようだから、フジバカマと名付けられています。
写真の1~7が我家の裏に咲いているもので園芸種で、最後の一枚が里山に自生していたものです。
藤色が薄赤紫であるとしたら我家の園芸種の方が自生種よりフジバカマに相応しいような気がします。

フジバカマ1401


フジバカマ1402


フジバカマ1403


フジバカマ1404


フジバカマ1405


フジバカマ1406


フジバカマ1407


フジバカマ1408

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/11/06(木) 23:13:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<蔓竜胆 | ホーム | 田村草>>

コメント

ふじばかま

園芸種と野生。どこが違うのでしょうか。

花びらが違った形に見えますが。。
  1. 2014/11/11(火) 14:09:37 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

Re: ふじばかま

ijinさん
こんばんは。
コメントがあるとメールがあるのですが、ときどき通知メールがこないという現象があって、
ijinさんのコメントを見逃していました。失礼しました。

> 園芸種と野生。どこが違うのでしょうか。
>
> 花びらが違った形に見えますが。

ハッキリ言って詳しく分析したことがないので分からないのです。
今回、山で見たものは最後の写真のものと、もう少し色が白いものでした。
両方とも茎の色は藤色で我家の園芸種と同じです。上部の葉の付き方が違うとの説もあるようですが、私の見た限りでは同じです。
ただ、ijinさんご指摘のように花びら(筒状花)の開き方が違います。
我が家の園芸種の筒状花は完全に開かずメシベを包み込むように内側に向いていますが、里山の野生種は筒状花の花弁がラッパ状に外側に反っています。ただこれは花の熟度の違いかもしれませんので来年はもう少し詳しく観察してみたいと思います。

  1. 2014/11/17(月) 01:27:40 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2556-3b29b5ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する