「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

鉈(ナタ)

かねてから欲しかった鉈を手に入れました。

↓銘もない野鍛冶が造ったと思われる古い鉈です。
鉈1401

↓柄はしっかり付いているのですが、口金が緩くガタついています。それに握った感じがしっくりしません。
鉈1402

↓刃はボロボロに欠けています。
鉈1403

↓目釘を抜いて口金と刃と柄を外しました。
鉈1404

↓釘を切って頭を丸めて目釘を作りました。
鉈1405

↓刃を研いで、柄の口金の部分を切り落として新しく口金が入るように削りました。
鉈1406

↓柄に口金を嵌めて鉈を打ち込み、既存の目釘の穴からドリルを入れて柄に刺さっている鉈に新たに目釘の穴を開け、
 目釘を打ち込みました。
鉈1407

↓握りやすい様に柄を削って出来上がりです。
鉈1408

↓革製の鉈袋を買いました。
鉈1409

↓ピッタリです。
鉈1410

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/12/05(金) 23:15:10|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雪柳 | ホーム | コスモス>>

コメント

こんな風に

こんな簡単に目釘を作っているように
写真では見えますが、結果こう作ったよと
知る前に作るおるごどんさんの「創造力」に
脱帽です。
新しい鉈の切れはさぞよかったのでしょうね。
またお邪魔します、おるごどんさん。
ところで、勝手に私がリンクしても
よろしかったのでしょうか。
  1. 2014/12/06(土) 01:04:19 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
おはようございます。

脱帽(脱毛?)
たしかに、目釘を作るのは簡単ですが、
柄の既存の穴を再利用するわけですから、元の目釘より太くする必要があるのですね~。
この鉈の鋼は硬すぎて研ぐのに息が切れました、っていうか砥石が減るばかりで刃が付かないのです。
髭が剃れるほどに研ぎました。庭の樫の木の枝打ちで試してみようと思っていたのですが、庭の冬支度をする前に大雪になってしまいました~v-8
  1. 2014/12/06(土) 09:49:14 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2567-31d38d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する