「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

Canon IP2600 分解修理 (2)

Canon IP2600 インクジェットプリンターの分解で難しいのはキャビネットの取り外し方です。キャビネットさえ外してしまえば分解する為のネジは目に見えるのですから順番に外していけば良いのです。組み立て時にネジの位置がわからなくなる場合もありますので写真を撮りながら分解しましょう。
昨日のブログではキャリッジアッセンブリーの外し方を省略しましたが、廃インクタンクのパッドをクリーニングしたり交換したりする際にはキャリッジアッセンプリーを取り外す必要がありますので、手順を記載しておきます。

↓右サイドのネジを2個外します。
Canon IP2600 1420

↓廃インクポンプ部分にあるネジを2本外します。黄色の□で囲ったセンサーを外します。
Canon IP2600 1421

↓左サイドのネジを3個外します。
Canon IP2600 1423

↓電子基板の下にあるネジを2個外します。
Canon IP2600 1422

↓キャリッジ中央部にある、用紙繰り取り込みロールの支えのネジを外し、取り込みロールの支えを取り除きます。
Canon IP2600 1424

↓用紙フィードモーターのディスクに付いているセンサーを固定しているネジを外し、センサーを外します。
Canon IP2600 1425

↓電子基板を固定しているネジを外して基板をキャリジから外します。電子基板に付いている取り外し可能なコネクター3個を外します。
Canon IP2600 1426

↓電子基板やセンサーやケーブルを付けたまま、キャリッジアッセンブリーを上方へ持ち上げて取り除きます。廃インクモーターを取り外すと廃インクタンクのパッドにアクセスできます。
Canon IP2600 1427

↓組み立て時にはスイッチやLED表示レンズの取り付け位置に注意してください。
Canon IP2600 1428

↓キャリッジの位置のスリットテープをクリーニングする際は赤□で示したフックを外すと作業しやすいです。
Canon IP2600 1429

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2014/12/28(日) 22:47:25|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<601-P 電話機 | ホーム | Canon IP2600 分解修理 (1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2575-ac13c1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する