「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

東二口文弥人形祭

2月14日(土)はバレンタインデーということで、愛人と白山麓の「食堂」でお食事しました。人形浄瑠璃の開演時間に間に合うように「早くできるものくださ~い」と安くあげました。
「文弥人形浄瑠璃、木偶の舞い」は旧尾口村東二口集落に江戸時代から受け継がれてきた人形浄瑠璃です。
国指定重要無形民俗文化財となっていますが、保存会の方は自虐的に『もはや、限界集落を超えた消滅集落で、いやいややっております』とのことです。それでも「まま(飯)より うまい でくまわし」ですから、この時期になると集落を離れて金沢等の都市部に移り住んだ地元出身者も参加して2月中旬の土日土日の4日間上演されるのです。
14日の演目はバレンタインデーに相応しく? 近松門左衛門の浄瑠璃「出世景清」でした。素朴で力強さを感じさせる人形浄瑠璃に感動しました。


↓さすがに白山麓は豪雪地帯、金沢は積雪0cmでしたが、東二口では雪が降っていました。赤いダルマは愛人です。
  10月に下見に行った時のブログはこちら→木偶の坊
東二口 文弥人形祭 1501


↓会場の東二口歴史民俗資料館への道は雪の回廊となっていて蝋燭の明かりでとても風情があります。
東二口 文弥人形祭 1502


↓東二口歴史民俗資料館の二階が人形浄瑠璃の舞台となっています。屋根付きの立派な舞台です。幕や演者のハッピに画かれている「輪違い」と「巴」の紋が東二口文弥人形浄瑠璃・でくの舞いのトレードマークです。
東二口 文弥人形祭 1503


↓終演後は下幕を下ろして、「舞台へ上がって、人形に触れて下さい」との案内があって、人形に触ったり人形遣いの方のお話が聞けます。
東二口 文弥人形祭 1504


↓今演じていた人形に触ったり動かしたりすることができます。気軽に人形の扱い方を教えて下さいます。
東二口 文弥人形祭 1505


↓東二口の人形浄瑠璃は一人遣いで、人形の背中に顔をくっ付けて人形と人形遣いが一体になって舞うのが特徴です。ですから上の写真の様に人形の背中は遣い手の汗染みで黄ばんでしまいます。写真では少し離れていますが、本番ではおでこが背中にピッタリとくっ付いていました。
東二口 文弥人形祭 1506


↓人形浄瑠璃なのに観る人に力強さと迫力を感じさせるのは、独特の足踏みです。悪人の登場や争いの場面などではドドン、ドドドンと演者が激しく床を踏み鳴らした音が響き渡ります。
東二口 文弥人形祭 1507


↓人形浄瑠璃出世景清の余韻に浸りながら会場を後にしました。雪は降りやんで、雪洞の火も消えかかっていました。
東二口 文弥人形祭 1508


テーマ:イベント・ショウ - ジャンル:写真

  1. 2015/02/15(日) 22:33:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<万作 | ホーム | 勝山 年の市>>

コメント

東二口の人形浄瑠璃

今晩は。

久しくご無沙汰いたしました。
当方は更なる爺で、体力が落ちるばかりです。

東二口の人形浄瑠璃。
観終わって、余韻が。。。

雪の回廊や、雪洞の火も前衛、終末に相応しく、、、、

生涯見ることが出来ない東二口の人形浄瑠璃を、
お写真と記事で見せて下さって有り難うございます。
  1. 2015/02/17(火) 17:57:13 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

ijin さん
こんばんは。

「光陰矢のごとし。少年老い易く、学成り難し」ですね。明日はどうなるか分かりませんが、あれも見たい、これもしたいと、やりたいことは沢山あります。沢山やり残してしまうでしょう。

ijin さん
もうすぐ春がやってきます。
カメラを持ってお出かけしましょう。
  1. 2015/02/18(水) 01:03:17 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは、おるごどんさん

いいものを見せていただきました~
ありがとうございます。
雪の降る中での明かりの道の先には、人形浄瑠璃の世界が広がってたのですね。
お人形に触れられるなんて、役者と話せるようで
すごいこと、特別待遇なんでしょうね。
最後の消えかかった灯火が祭りの終わりを
告げているようでした。
またお邪魔します。
  1. 2015/02/19(木) 20:54:48 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
こんばんは。

ここの人形浄瑠璃を見に来る人は全員特別待遇です。v-8
開演の主催者挨拶で「・・・・こんな大雪の晩にわざわざ遠くから、こんな山奥の限界集落へ来て下さった皆さんに敬意を払います・・・・」と述べられていましたが、観る側も「こんな山奥で350年も人形浄瑠璃を続けてこられ無料で見せて下さる貴方がたに敬意を払います」という気持ちになりますね。演ずる人と観る人の心が通い合う東二口の人形浄瑠璃でした。
  1. 2015/02/20(金) 23:39:46 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2585-dd2f8c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する