「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

稚児百合

チゴユリ (ユリ科チゴユリ属)

ホウチャクソウと同属です。草丈も花もホウチャクソウとは似ていませんが、成育環境が同じで日陰の林床です。
名前の由来が、稚児のように「小さくて可愛い」からというだけでは無理があります。
ホウチャクソウと同じ場所に咲いているので、背の高いホウチャクソウを寺院の棟、花を宝鐸と見立て、小さなチゴユリをお稚児さんと髪飾りと見立てたのでしょう。ホウチャクソウとセット(対)で付けられた名前なのでしょうね。

チゴユリ 1501


チゴユリ 1502


チゴユリ 1503


チゴユリ 1504

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/05/10(日) 23:55:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<姫射干 | ホーム | 宝鐸草>>

コメント

おはようございます!

今年はチゴユリを見に行くのが遅くってすでに終わっていました~
ホウチャクソウも辛うじて終盤の花を見ただけでしたので こちらで両方とも堪能させていただきました~
光が当たってとてもきれいです。
中もちゃんと見えて!
  1. 2015/05/13(水) 03:08:51 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
こんばんは。

海浜植物の開花は1週間ほど早いみたいですけど、白山麓の山野草の開花は、残雪が多くて例年より1~2週間ほど遅くなっています。
ヤマツツジとかヤマフジを撮りに行ったのですがまだ咲いていませんでした。v-12

  1. 2015/05/13(水) 22:28:16 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2611-f3c7e3b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する