「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

山法師

ヤマボウシ (ミズキ科ヤマボウシ属)

公園や街路樹としてよく見かけます。
山に咲いているものは周りの緑色に対してそこだけが真っ白となってとても目立ちます。
花弁に見える白い部分は総苞片で、その中心の薄緑色の小さな花がくっ付いて集合花となり、そのまま結実して秋には赤い集合果となります。

ヤマボウシ 1501


ヤマボウシ 1502


ヤマボウシ 1503


ヤマボウシ 1504


ヤマボウシ 1505


ヤマボウシ 1506


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/06/12(金) 23:08:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<薄羽白蝶 | ホーム | 野薊>>

コメント

最後の写真

これこそが小宇宙と言うんでしょうね
花はおるごどんさんを知らないのでしょうけど
そのおるごどんさんに誇るように
姿を見せつけていることを
私は今、知ったところです。
またお邪魔します、おるごどんさん
  1. 2015/06/17(水) 23:33:18 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
こんばんは。

花は昆虫を対象として咲いているので、人間は眼中にありません。
花はわたしを知らない、
でも私は昆虫の気持ちで花を見ているので,
花が小宇宙であることを知っています。v-10

  1. 2015/06/17(水) 23:59:19 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2629-187c2fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する