「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

水引

ミズヒキ (タデ科タデ属)

タデ科の中ではちょっと変わった花を付けます。
多くのタデ科は5枚の花被(花弁ではなく萼片)をもちますが、ミズヒキは4枚です。
小さな花ですが上半分が赤色で下半分が白色であることがミズヒキの名前の由来です。
4枚のうち、上の一枚は赤色で下の一枚は白色です。左右の二枚は上部が赤で下部が白です。
4枚すべてが白色のミズヒキはギンミズヒキとよばれています。
キンミズヒキと云う花もありますが、タデ科ではなくバラ科キンミズヒキ属です。
我家では観賞用の雑草として育てています(宿根ですので放置しているだけです)。

ミズヒキソウ 1501


ミズヒキソウ 1502


ミズヒキソウ 1503


ミズヒキソウ 1504


ミズヒキソウ 1505


ミズヒキソウ 1506


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2015/10/12(月) 22:48:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<車葉白熊 | ホーム | 白花桜蓼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2658-c67e9ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する