「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

川鵜

カワウ (ウ科ウ属)

能登一ノ宮の気多大社で今日の未明に「鵜まつり」がありました。
この祭りは鵜様の動きで来年の吉凶を占うという奇祭で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
鵜様の占いによると、来年は良い年になるそうです。
この鵜様は鵜捕り部が七尾市鵜浦町の鵜捕崖で一子相伝の技法で捕えられたもので、種類はウミウです。
鵜にはウミウとカワウがいますが、日本で鵜飼いで使う鵜はウミウなのだそうです。海の魚を食べるウミウが川魚を捕っても吐き出してしまう習性を利用したものではありません。
因みに中国の鵜飼の鵜はカワウなのだそうです。川魚を主食とするカワウのほうが川魚を捕まえるのが上手だからというわけでしょうか?

↓写真は先日小松市の木場潟にいたカワウです。
カワウ 1501

↓望遠レンズが葦の陰から覗いているのを発見!
カワウ 1502

↓逃げる鵜様を連写したけど黒い鵜に葦が被って茶色く写っています
カワウ 1503
カワウ 1504
カワウ 1505

↓濡れた羽根の干場
カワウ 1506

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/16(水) 21:24:16|
  2. 小動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木場潟の野鳥(水鳥) | ホーム | 木場潟>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2681-a72fc45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する