「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

鱗壁

鱗壁という名称でよいのかどうかわかりませんが、瓦を魚の鱗の様に張り付けてある壁なので勝手にそういう言い方をしています。
勝山の年の市に行くと必ず寄ります。とても美しい壁です。
ナマコ壁は見かけることがありますが、瓦を鱗状に重ねて壁に貼り付けたものはここ以外で見たことがありません。
こんなに美しい壁なのに、よそで見かけないのは、なにか不都合があるからなのでしょう。

↓とても美しい!
鱗壁-1601

↓下から見上げると隙間もなく強固な壁に見えます。
鱗壁-1602

↓釘止めですが、釘の穴が露出していますので雨水が浸み込みます。浸みた水が氷ると瓦が割れますので寒冷地には向かないかも? 釘は錆びると膨張して釘穴を圧迫してヒビが入ります。それでもこの壁は美しい。
鱗壁-1603

↓角(コーナー)瓦が側瓦に被るようになっていませんので水が浸み込みやすいです。それでもこの壁は美しいです。
鱗壁-1604

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/14(日) 22:50:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<筵の耳 | ホーム | 勝山 年の市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2700-64c23d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する