「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

半夏生

ハンゲショウ (ドクダミ科ハンゲショウ属)

夏至から11日目を半夏と言うことから、その頃に咲くので半夏生と名付けられています。
葉の半分が化粧をしたように白くなるので半化粧と書くこともあります。
この白い葉は花の下に付く1~2葉だけで、花が終わると緑色になることより、たぶん昆虫を引き寄せるためなのだろうと思われます。
なお、ドクダミ科なので芳香を発しますが、ドクダミのような爽やかな香りではなく、菖蒲のような甘ったるい香りです。

ハンゲショウ 1601


ハンゲショウ 1602


ハンゲショウ 1603


ハンゲショウ 1604


ハンゲショウ 1605

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/07/04(月) 15:01:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
<<檜扇 | ホーム | キク科の花 同定不能>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/07/16(土) 19:39:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

1枚目、なんとも可憐な姿ですね。
見とれてしまいました。
白い葉っていいなあって、何かのコマーシャルのフレーズでしたか。いつかはすべてが緑になり
白い姿は忘れられてしまうなんて
不思議すぎますが、それはちっぽけな人間の感傷なんでしょうね。
こんばんはおるごどんさん、またお邪魔します。
  1. 2016/07/18(月) 19:24:23 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
おはようございます。

半化粧や半夏という名前や季語はなんとなく日本的な風情を感じさせてくれますね。
昔住んでいた福井県では半夏になると焼き鯖を食べる習慣がありました。この焼き鯖は漢字で書くと「半夏生鯖」なんです。
焼いてあるのに生鯖なんですv-8

  1. 2016/07/19(火) 09:53:26 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2749-1e78c15e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する