「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

檜扇

ヒオウギ (アヤメ科アヤメ属)

梅雨が終わるとヒオウギが咲きだします。
扇の様に開いた葉から一本の茎が延び、その先が何本にも枝分かれして、その先にオレンジ色の花が咲きます。
この花は一日花なので次の日には別の花が咲き、前日に咲いた花は捻じれて残ります。
捻じれて萎んだ花の下には緑色の実が出来て、秋には割れた実の中から射干玉(ヌバタマ)という黒く輝く種が顔を見せます。

ヒオウギ 1601


ヒオウギ 1602


ヒオウギ 1603


ヒオウギ 1604


ヒオウギ 1605

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/07/26(火) 16:16:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<鬼百合 | ホーム | 半夏生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2750-e0fcc433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する