「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

凡徳蓼

ボントクタデ (タデ科イヌタデ属)

タデ科では一番水辺に近い場所に生えます。
赤くてとっても美しい花ですが、生えるのは増水すると水中に没するような場所ですから、泥水を被って汚れていることもあります。
花穂は水辺に向かって垂れています。
このように水辺に近い方が、種が流されて繁殖しやすいのでしょう。

ボントクタデ 1601


ボントクタデ 1602


ボントクタデ 1603


ボントクタデ 1604


ボントクタデ 1605


ボントクタデ 1606

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2016/10/19(水) 20:56:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<秋の鰻掴み | ホーム | 溝蕎麦>>

コメント

こんばんは!

今年はミズヒキでお終いと言っておられたので 残念だな~と思っておりましたら・・・
ミゾソバ ボントクタデと拝見できてうれしいです。v-8
  1. 2016/10/20(木) 19:48:50 |
  2. URL |
  3. fairy ring #0/9lwY.w
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
こんばんは。

クマが出るからと、野山に行けないのは本当に残念です。
河原でクマに襲われたというニュースもありましたので、安心して行けるのは、田んぼと海辺です。
河口付近の湿地でアキノウナギツカミとイヌタデも撮れました。
雑草はどこにでもあるのでもう少し楽しめそうです。
  1. 2016/10/20(木) 23:12:52 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2775-e5677ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する