「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

能登旅行

今日3月25日は能登半島地震から10年目の日です。
金沢は北陸新幹線効果が続いて賑わっておりますが、能登は陸の孤島状態が続いているようです。
そう言う訳で、毎年恒例の能登半島復興旅行にいってきました。
一泊二日で能登半島を一周して、能登の為に散財する旅です。

↓気多大社の梅。いつも撮っている梅の木は枯れたようで根元から切られていました。
気多大社の梅 1701

↓気多の森の落ち椿は見事です。
気多大社の藪椿 1701

↓小牧台国民宿舎の藪椿、梅も咲いていました。大きな桜の木もあるのですが、桜の花が満開になる頃には牡蠣のシーズンが終わってしまいます。
七尾市中島町の藪椿

↓昨晩、牡蠣を食べ過ぎたので在庫切れとなって?、早朝から牡蠣を採りに出かける漁船。
七尾湾の牡蠣棚 1701

↓能登親不知の絶景。能登半島地震の時に落ちた巨岩、巨石が転がっています。海蔵寺八世住職 麒山瑞麟和尚が13年かけて掘った遂道は映画「忘却のはなびら」にちなんで「せっぷんとんねる」と名付けられています。木製のカメラ雲台が設置されていましたので、自撮りしました。スマホでは使えません(笑)
能登親知らずの接吻トンネル 1701

↓能登半島の藪椿。
珠洲市馬繋の藪椿 1701

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/25(土) 22:37:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<菅藻 | ホーム | 針金苔>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2804-ec2a51bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する