「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

さくら (1)

市民芸術村の桜

さくらの語源は田の神様の居る場所ということだそうです。
古来から、田の神様をもてなす為に桜の木の下で「飲めや歌えや踊れや」とするのが花見の起源なのだそうです。
今年もさくらが満開の市民芸術村の桜の木を撮りに行ってきました。
老人ホームのご老人達の花見が終わって、さくらの木の下が空くと、カラフルなスカート姿のご婦人がやってきて踊り始めました。
スマホで桜の花を撮っているような振付です。
桜の木に登っている子を撮るお母さんも、一緒に踊っているようでした。

市民芸術村の桜 1701


市民芸術村の桜 1702


市民芸術村の桜 1703


市民芸術村の桜 1704

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/04/12(水) 22:26:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<さくら (2) | ホーム | 春蘭>>

コメント

こんにちは!

サクラの語源ってそうだったのですね~
その下でカラフルなお洋服を着たおばさんたちの踊り なんか 変!

フラダンスでもやっている方たちなのでしょうかね~
  1. 2017/04/13(木) 16:26:16 |
  2. URL |
  3. pole pole #-
  4. [ 編集 ]

pole pole さん
こんばんは。

八百万の神々は早乙女でなくても、自称乙女と言われる方であればそれ相応にお喜びになります。v-8
飲酒運転防止の為ならノンアルコールの御神酒でもよいのです。
盆踊りでもフラダンスでも、桜の下で騒いでくれれば、神様も嬉しいのですよ。
おば様の踊りがフラダンスなのか船箪笥なのか、私には分かりませんでしたv-8
  1. 2017/04/13(木) 21:52:13 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

どの桜も

贅沢なくらい満開で美しいです。
こんばんは、おるごどんさん。
そして、この記事を読んで改めて感じたのは、
人が居てこその桜なんだなあと、、、
桜だって人が見てくれるからこそ咲き甲斐も
あるというものです。
人もこの美しさに酔いしれて、大胆になっていきます。
それが花見ですものね。
またお邪魔します、おるごどんさん。
  1. 2017/04/14(金) 23:07:37 |
  2. URL |
  3. Kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

Re: どの桜も

Kozoh55 さん
こんばんは。

花見というのは、天の岩戸の前で裸踊りをしているようなものなんですね。
しみじみと花を愛でるのではなく、花より団子、花より男子女子、団子よりお酒なんですよね~v-8
神様はそういうことをお喜びになるのだ、と、いうのが古来からの日本人の信仰なんですよね~v-8
  1. 2017/04/14(金) 23:37:06 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2810-7849110e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する