「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

世界初の新素材コンクリート橋

能登半島でも特異な防風形態の集落である赤崎地区は、狭い県道を挟んで両脇に建物が密集していて車をUターンすることができません。
村外れの橋を渡った空地で車の向きを変えたところ、目に入ったのが「世界初のコンクリート橋」という立派な立て看板?。
ここ志賀町の増穂浦にはかつて「世界一長いベンチ」がありました。ベンチは残っていますが世界一ではなくなっています。
「記録は破られるためにある」のですが、破ることができないのは「世界初の・・・」です。
タイムマシンでもない限り過去へもどって記録を書き換えることはできないからです。

↓橋長6100m、幅員7000m、長さは日本一ですが幅は世界一です。
新宮橋 1701

↓で、実物は、ちっちぇ~!!
新宮橋 1702

↓橋の外に余分な橋桁が2本あって、なにやら計測器の様なものが付けられています。
新宮橋 1703

↓橋桁の断面の鉄筋に錆びが出ているのは、炭素繊維ケーブルではないのでしょうね!
新宮橋 1704


テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/20(火) 23:51:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーチコーミング | ホーム | 能登の漁村>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2854-dc5afbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する