「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

NCR 2114 プリンターのオーバーホール

オーバーホールとは完全分解して再調整することです。

NCR2114のレシートプリンターは、30年も前に製造されたものでインクやほこりで動作不良となっています。
仮にプリンターが動いたとしても、インクロールもスタンプもインク切れと発泡ゴムの硬化で印字は全く見えません。
各種の売上レポートはレシートに印字する以外に取得方法がありませんし、プログラムの設定もレシートに印字しないと確認できません。レシートプリンターが正常に動かない電子レジスターはただの金庫でしかありません。

↓パーツを全て外してフレームだけにします。
2114レシートプリンター 1701


↓取り外したパーツをさらに分解してクリーニングと注油をして組み立てていきます。
2114レシートプリンター 1702


↓全ての部品を元通りに取り付けます。
2114レシートプリンター 1703


↓ギヤのタイミングや電気的なタイミングは接続してから確認します。エラーになるようならタイミングを確認しながら再度組み立てなおします。
2114レシートプリンター 1704


↓インクロールは経年劣化で固くなり、インクが浸み込まなくなっていますので、新しいロールと交換します。ロールは市販されていませんので、自分で作ります。
2114 インクロール 1701

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2017/08/10(木) 11:06:34|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NCR 2114 ゴム足の作成 | ホーム | NCR 2114 キーボードの防水>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2881-652412d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する