FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

和かんじき (輪かんじき)

今回の大雪で、生まれて初めて屋根の雪下ろしをされた方もいたのではないでしょうか?
屋根の雪下ろしは道路の除雪とは違った技術が必要です。ゴム長靴は滑りますし、鉄のクコップでは瓦を割ってしまいます。
我が家では屋根の雪下ろしはしませんでしたが、孫に雪下ろしの練習と称して、近所の空地でカンジキを付けて歩行練習をしました。


↓カテカンジキ(作業用)、タイルの一辺が15㎝ですから、このカンジキの直径は30㎝ほどです。春の雪山で作業する時になどに使用します。材質として昔はクロモジの木を使用していましたが昭和の中頃からは根曲り竹を使用することが多くなりました。最近はプラスチックのパイプで作られたものもあります。
和かんじき(カテカンジキ) 1801

↓アワカンジキ(新雪用)、直径40㎝ほどで新雪の雪踏みなどに使用します。材はクロモジです。
和かんじき(アワカンジキ) 1802

↓白山麓のカンジキは斜面での歩行がしやすい様に先端部と後端が反りあがっています。
和かんじき 1803

↓アワカンジキとしては小さい方ですが、子どもにとっては大きくて歩きにくそうです。
和かんじき 1804

↓雪質が少し締まっているのでさほど沈まず、馴れると普通に歩けます。
和かんじき 1805

↓白山麓では雪の表面がすこし固くなっている状態をカテルと言い、カテカンジキの名前の由来ともなっています。
和かんじき  1806

↓カテカンジキはアワカンジキより沈むようですが、走行性は良いようです。
和かんじき 1807


テーマ:雪景色 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/18(日) 23:31:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<酷道(国道)8号線 | ホーム | 除雪協力デー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/2960-3d396dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する