FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

東二口の鏝絵

白山市東二口は豪雪地帯である白山麓の小さな集落です。

今日も好天に恵まれて、アイ車で白山麓へ花を撮りに行ってきました。
人気のない集落でマキ割りをしているおじさんと話をしていて、父親から譲り受けたという鉈籠を見せてもらいました。
このおじさんも底の編み方が分からなくて自分では作れないといっていました。
過疎化が進んで雪が降る前に3棟の建物が壊されるそうで、「あそこの蔵も11月には壊してしまう」と指さす先には、りっぱな鏝絵がありました。
この集落の鏝絵は以前に何枚か撮ったのですが、その蔵の鏝絵には気が付きませんでした。
こちら側は鶴で裏側には亀の鏝絵があります。半世紀以上も風雨にさらされて、色彩は薄れ所々に傷みも見えますが、鏝の刃で付けた模様は当時のままで技術の高さがうかがえます。

鉈籠 1821


鏝絵 1801


鏝絵 1802


鏝絵 1803


鏝絵 1804


鏝絵 1805


鏝絵 1806


鏝絵 1808

テーマ:ある日の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/10/18(木) 21:12:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<車葉白熊 | ホーム | 沢薊>>

コメント

こんにちは!

過疎化が進んでゆくと建物を壊さざるを得ないというのはどうもね~
もったいないです!
以前の記事も拝見しましたが ほんとうによくできていますね~
鶴は千年 亀は万年といいますからね~
こてで描いたとは思えません。
すごいですね。

  1. 2018/10/19(金) 15:10:21 |
  2. URL |
  3. fairy ring #-
  4. [ 編集 ]

鏝絵

分厚い立派な 鏝絵ですね
鶴と亀とで 千両も 万両も たまったことでしょう。
叔母方に 古い蔵があって 本人は倒す気がなかったのですが  
母が どうしても整理してくれと言い 業者に頼んだら 中の鉄棒が 
ぼろぼろで 危なかったと言われました。
手当をしない建物は 悪くなるのが早いですね。  
  1. 2018/10/19(金) 19:57:36 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
こんばんは。

「なんとかならないのかなぁ」といつも思うのですが、
こういう装飾は伝統工芸とか芸術とか美術とかのカテゴリーに入っていない様で保護や保存の対象となっていないのです。塗り壁の技能として鏝での立体造形は意味のないことなのかもしれませんが、「官位としての左官」なのですから、一級左官という資格の職人さんにはこういう技術も伝承してほしいものです。
それより先に保存しておかないと、伝承もできないでしょうねv-12
  1. 2018/10/19(金) 23:14:22 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

小紋 さん
こんばんは。

高齢化や過疎化で古い建物の維持管理が難しくなっていますよね。
この鶴亀の鏝絵の蔵がある地域は冬季の積雪が3m以上もあって、屋根の雪下ろしをしないと軒が折れてしまいます。
人が住んでいない家屋や屋根の雪下ろしができない高齢者の住む家屋や付属の建物は崩れた廃墟のようになって危険なのです。壊すにもお金が掛かるので悩ましいです。
鏝絵の保存以前の問題ですね。
  1. 2018/10/19(金) 23:27:51 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

鏝絵

こちらの記事を読んで、少し鏝絵の事を理解しました。美しい作品ですね。
残された姿を見て、当時、作り上げることがいかに大変だったか、
職人技ここにありです。
浦賀訪問時に公民館外壁にに施されていたのが、今思うに鏝絵だったと思います。
また時間のある時ですが、宅ファイルにてお送りします、素データを。
いつもありがとうございます、またお邪魔します、おるごどんさん。
  1. 2018/10/21(日) 17:09:06 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
こんばんは。

全国には素晴らしい鏝絵が沢山あって、沢山壊されてきたと思うととても残念ですね。
多分鏝絵コレクターの方が沢山の写真を撮って保存しているのでしょうし、建築の学者が技術を書籍に残しているのでしょう。何処かの蔵の中には沢山残されているという話も聞きますが、誰かインスタグラムでみせてくれないものでしょうかね~v-8
それができるのはkozoh55 さんではないでしょうかv-12、宅ファイル期待しています。
  1. 2018/10/21(日) 17:52:18 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3067-92cedc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する