FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

Error Code: 0xC1900101 - 0x4001E

Windows 10 のアップデートは自動的に行われるので便利なようですが、失敗しても数日後には再開し、また失敗します。
再開の延長を最大で35日延長できるのですが、原因を取り除かない限り、アップデートの再開を止めることはできません。
ネットをググって数々の対処法を実行してもやっぱりエラーとなります。こんなことを半年ぐらい続けてきましたが埒があきません
貴重な余命をWindows 10 のアップデートの為に費やすことは大変なストレスです。いっそのことMacに買い替えようかとも思うのですが、希少な葬式代をMacに使ってしまうのも残された家族に申し訳ないのでふんぎれませんでした。

昨日「0xC1900101 - 0x4001E」でググっていたところ
JukkaのIT関連ブログ」がヒットしました
内容を翻訳すると
『Windows 10を1709から1803にアップグレードしても、86%で失敗し続けました。
1709から1803へのWindows 10アップグレードは失敗します。たぶん他のアップグレードも?プロビジョニングが失敗の原因になっている可能性があります。
症状:インストールがで停止していないバック1709に戻り、何に関係なく86%となります エラーコードを:0xC1900101-0x4001E 「インストールはに失敗しSECOND_BOOTの中にエラーが発生した相PRE_OOBEの操作」2018年4月以来、私のWindows 10がしようとしてきました自分自身をバージョン1803に更新し、更新が失敗するたびに。成功するまで数ヶ月かかりましたが、ついに今日(2018年8月19日)私は私のWindowsを1803に更新しました、そしてクリーンインストールは必要ありませんでした。私のソフトウェアとアプリはまだすべて整っています。それが試し続ける最大の理由であり、再びすべてのアプリをインストールすることは選択肢ではありませんでした。』
と書かれています。
私の状況と全く同じです。
setuperr" -logfileの内容も同じで、私のログファイルもアップデート失敗直後のログファイルは、
2019-02-16 22:44:15, FatalError [0x090001] PANTHR Exception (code 0xC0000005: ACCESS_VIOLATION) occurred at 0x00007FF838A65087 in C:\Windows\System32\provengine.dll (+0000000000005087). Minidump attached (106444 bytes) to diagerr.xml and C:\Windows\Panther\mnd89C6.diagerr.mdmp.
となっています。
対処方法はレジストリーを削除して、再度アップデートを実行するという簡単なものです。
レジストリーの削除は怖いので、レジストリー名を変更するのみとしました。
具体的にはレジストリーキーの「Proviosioning」を「Proviosioning_old」に変更しました。
レジストリーの変更にはアクセス権が必要なので、
Windowsでレジストリキーのアクセス許可を変更する方法を参考にしました。
オンラインでアップデートを実行した結果1709から1809にアップデートが成功しました。
レジストリーはどうなっているのかと確認したところ「Proviosioning」が新しく作成されていました。「Proviosioning_old」と比較したところ内容がかなり違っていましたのでレジストリーが壊れていたものと思われます。
全自動の更新でしたが3時間もかかりました。

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/02/17(日) 21:58:56|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金黒羽白 | ホーム | 川鵜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3119-3b111ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する