FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

National Cash Register Class 6000  (その7)

レジスター修復作業が順調に進んでいます。
順調すぎて、「どうしてこのような動きをするのだろう?」と考えることもなかったのですが、
クラッチを分解して組み立て,動作を確認していたところ、ハングアップしてしまいました。
正転も逆転もできません。
再度クラッチを外そうにも動作途中の為クラッチも外せなくなりました~。
歯車のタイミングがズレてしまったようです。

↓正常な状態の歯車やカムラインの位置関係。後で分かったことですが、歯車の歯とフレームにポンチで印が打ってあり、その印を合わせて組み立てることになっています。
NCR 6000 daimaru Model 1940


↓アイドラーギヤとクラッチのギアとの位置合わせの印。
NCR 6000 daimaru Model 1941


↓ディファレンシャルギアとフレームの印。その他にもあるハズなのですが分解しないと見えないので無視しました。
NCR 6000 daimaru Model 1942


↓とりあえず、クラッチを外さないことにはにっちもさっちもいかないので、機械に付けたまま無理やりクラッチを完全分解しました。
ギヤとクラッチを連結しているピンを抜くことに苦労しましたが、なんとか分解して機械からクラッチを外すことができました。
NCR 6000 daimaru Model 1943


↓再び組み立てたクラッチ。
NCR 6000 daimaru Model 1944


↓タイミング合わせとクラッチの取り付けを何度も繰り返し、ようやく動くようになりました。この状態が正常なのかどうかは分かりませんけど・・・。
NCR 6000 daimaru Model 1945

テーマ:DIY - ジャンル:その他

  1. 2019/09/22(日) 09:54:22|
  2. NATIONAL CASH REGISTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<National Cash Register Class 6000  (その8) | ホーム | National Cash Register Class 6000  (その6)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3234-806be274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する