FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

嘴広鴨

ハシビロガモ (カモ科カモ属)

今日は久々に晴れたので、河北潟の野鳥観察舎へ行ってきました。
仕事始めの日に、こんなところへ来るのは無職の爺さんばかりです。
1mもある大砲の様なレンズをもった爺さんが来たので、「1000mm(1m)ですか?」と聞いたら、
「500mmだ、5kはある」とのこと、500mLなら私のレンズとおなじ太さと長さです。昼に飲んでいる缶ビールの・・・。
結局、マガモしか見えなくて威力を発揮できず帰っていきました。
下の写真のハシビロガモは手取川の採石場の水たまりで撮ったもので、
マガモの中に、なんか見たことのない鳥が混ざっている、遠くてよく分からないけど新種かも? と撮ったもの。
これ以上拡大すると、暈けが見苦しくなってしまう限界までトリミングしたものです。
こういう時に、必要なのが500mmレンズなんですが、無職(家事手伝い)では買えません。

ハシビロガモ 2001


ハシビロガモ 2002


ハシビロガモ 2003


ハシビロガモ 2004


ハシビロガモ 2005


ハシビロガモ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/06(月) 17:52:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<軽鴨 | ホーム | 真鴨>>

コメント

おはようございます!

最近は鳥 さんに凝っていらっしゃるようですね。
素晴らしいです。
私も昔は 鳥 さんを追いかけていたこともありましたが 最近ではカメラもレンズも重すぎて 体力がついてゆけそうもありません。とほほ!

冬晴れの空の下での鳥 さんは映えますね~
うらやましいです。

  1. 2020/01/07(火) 10:53:34 |
  2. URL |
  3. fairy ring #O4IsfrEI
  4. [ 編集 ]

fairy ring さん
こんにちは。

冬は花も蝶も見かけませんから、近所の小川にいる鳥を撮るのが良いリハビリとなっています。v-8

鳥撮りでは、経済力がありますと重いレンズに重いカメラとなりますから、それに見合った体力も必要ですね。重い体も?v-12

その点では、無職家事手伝いでは軽いレンズに軽いカメラ、そして軽い体ですから、カメラを持ってお散歩がリハビリにはとっても良いのですよv-8
財布も軽いです。v-8
  1. 2020/01/08(水) 15:38:37 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3282-84eb23ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する