FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

軽鴨

カルガモ (カモ科マガモ属)

鳥の仲間ではオスがメスより色が美しいというのが一般的ですが、
カルガモは雌雄の違いが分かりません。
カルガモには雌雄の違いが必要ないのでしょうか?
ネットをググれば雌雄の違いが分かるかと思いましたが、これといった確証が見当たりません。
二羽いれば番(つがい)だろうから、どちらかがオスでどちらかがメスだと安易に思ってはいけません、
親子の場合もあります。三羽の場合は3角関係ってこともあります。
人間には分からなくても、カルガモどうしで雌雄が分かれば良いのでしょうね。

下の写真では,羽根の色が濃いのがオスで薄いのがメス、という分類で雌雄を判別できるように掲載しております(本当?)
(分っかるかな~ わかんないだろうな~)


カルガモ 2001


カルガモ 2002


カルガモ 2003


カルガモ 2004


カルガモ 2005


カルガモ 2006

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/08(水) 16:57:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<金黒羽白 | ホーム | 嘴広鴨>>

コメント

分っかるかな~ わかんないだろうな~
とか言っているようではいけません、おるごどんさん!
今は昭和でも平成でもありません、令和ですよ。
私なんか現代の人ですから、
何を言っているかわかりませんでしたから。
お正月は羽ばたく鳥達で来ましたね。
ええ、人生の折り返しを過ぎた私としては
まだまだ羽ばたきたいと思っていますから
記事を読んで元気を取り戻しました、ありがたいです。
けれども、人間も性別不明が増えてきていますから
カルガモ性別不明は世界的な現象の一つなのかもしれませんね。
今年もお世話になりますが、よろしくお願いします。
kozoh55
  1. 2020/01/09(木) 19:22:38 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kozoh55 さん
明けましておめでとうございます。

性別不明も問題ですが、日本では少子化も問題です。

昭和という時代は能力で賃金の差はありましたが派遣労働者という低賃金の雇用形態はなかったように思います。
令和の時代からは、「外国人労働者」という超低賃金の雇用形態に非正規労働者の賃金も移行していくものと思われます。
自分はそうでもないかもしれませんが、自分の子孫はそういう恐ろしい世の中で生きていくことになっていくのでしょうね。
そう思うと安易に子供を増やせなどと言えませんねv-12
私たちには、未来の子どもたちが平和で安心して暮らせるような世の中にする責任があったのですが、今になって(死にそうになって)子供たちの未来はどうなるのだろうかと心配している訳です。
ですから『まだまだ羽ばたきたい』という若い人たちに未来を託したいと願っています。

本年も宜しくお願い致します。

  1. 2020/01/09(木) 22:03:38 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!

↑のお二人のやり取りが面白くって!

殆ど変わらないカルガモの雌雄は見分けるのが難しいですね。
色が濃いか薄いかですか~~
確かに頭のてっぺんは♂の方が色が濃いですね。

背中の羽が白く縁取りされているのが♀
尾に近い羽(風切り羽根)の白い部分が大きい方が♀ 白い部分が少ない方が♂のようです。
成鳥でなくては区別できないようですが・・・

お写真では1枚目 2枚目は♀?
3枚目は 上が♂ 下が♀?

>人間には分からなくても、カルガモどうしで雌雄が分かれば良いのでしょうね。
その通りです!
  1. 2020/01/14(火) 13:56:51 |
  2. URL |
  3. pole pole #O4IsfrEI
  4. [ 編集 ]

pole pole さん
こんばんは。

雄の記号と雌の記号が入り乱れて・・・・・v-23
確かに、色で判別するのは間違いではないかと思い始めました。
近所の小川では、堰が切られてカモの仲間が見られません、暖冬なので北帰行が早まったのでしょうか?
小川の上流には定住しているカモがいるので「ヘイ!カモ~ん」とカモ語で聞いてみました。
答えは、「羽根の色は光との角度で変化するので、色が濃いとか薄いとかでは判別できませんよ~」とのことです。
?マーク付きの回答、信じて良いのでしょうか?v-8
  1. 2020/01/14(火) 23:30:30 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3283-c8e19c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する