FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

緋鳥鴨

ヒドリガモ (カモ科マガモ属)

近所の小川で一番多いのがカルガモでその次がヒドリガモです。
ヒドリガモは野菜が好きなようで、ベジタリアンです。
雄の頭の色が緋色なので緋鳥鴨と名付けられています。
緋色はどんな色かというと明るい茜色です。
NHK朝ドラのタイトル「スカーレット」が緋色に当てはまる英語です。
焼色の理想とした赤色はスカーットしたレッドですからスカーレッド・・・?
「緋」という漢字は「糸に非ず」と書きますが、それは何かというと「ひも」?
嫁さんの収入で養われている男、金と力が無いってこと。
それって俺かい!(クエッションマークは付かない)

ヒドリガモ 2001


ヒドリガモ 2002


ヒドリガモ 2003


ヒドリガモ 2004


ヒドリガモ 2005


ヒドリガモ 2006




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/15(水) 23:00:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<小鴨 | ホーム | 金黒羽白>>

コメント

お正月早々、笑わせて頂きました。
嫁は看護士であと10年くらいは働きそうなのに、私は2年で最初の定年を迎えます。
すぐにおるごどんさんと同じになりますね。
昨年取得した電気工事士2種を生かして、死ぬまで働き続けるという気持ちではありますが、
体力と気力を維持する為には、何が大切か
いろいろ考える今日この頃です。
いつも貴重な記事をありがとうございます。
またお邪魔します、おるごどんさん。
  1. 2020/01/16(木) 18:08:59 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
こんばんは。

人は何のために生きるのか?
あと2年、じっくり考えてください。
私の場合、「愛するより愛されたい」と家事手伝いを選びました。
要するに、ヒモになるにはどうすれば良いか?を追求した結果です。
「虚弱である」「嫁の言いなりになる」「嫁に尽くす」等々
嫁が、「私が守ってあげる」と思うような男になることです。
第一条件が色男であるっていうことですが・・・v-8

幸いkozoh55 さんの場合は、嫁が良く稼いで、母性本能豊かな看護師さんであることで第一条件は必要ないカモ・・・v-12
  1. 2020/01/16(木) 19:15:10 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3285-ccd76d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する