FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

姫風露

ヒメフウロ (フウロソウ科フウロソウ属)

根のほとんどが地上にあって、浮足立っているので雑草取りが簡単です。
取っても刈っても来年には又生えてきます。種が広範囲に飛び散っているからでしょう。
花は2個づつ対になって咲き、見た目には雄花と雌花の様に見えますが、雄性先熟です。
花が開くと雄しべが10本見えます、雌しべは小さいので目立ちません。やがてオシベ10本のうち5本が中央に集まり葯が開きます。続いて残りの5本も中央に集まって葯を広げます。その後雌しべが伸びてきて雄しべの葯を突き破って顔を見せます。
先に開いた花は雄しべが落ちて雌しべだけになり、後から開いた花は雄しべがだけが見えているので雌雄同株の様に見えるのです。


ヒメフウロ 2001


ヒメフウロ 2002


ヒメフウロ 2003


ヒメフウロ 2004


ヒメフウロ 2005


ヒメフウロ 2006

テーマ:季節の花 - ジャンル:写真

  1. 2020/05/10(日) 22:21:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<矢筈豌豆 | ホーム | 躑躅>>

コメント

こんばんは!

増えて増えてのようですが 我が家のはいつの間にか消滅する運命にあるようで・・・
2度もそういう憂き目にあっておりまする~
土が悪いのでしょうかね?
  1. 2020/05/10(日) 22:27:59 |
  2. URL |
  3. pole pole #O4IsfrEI
  4. [ 編集 ]

pole pole さん
こんばんは。

この花は日当たりを好むようですね、お隣のお庭では園芸種のように大切に育てているようです。
我が家では今まで雑草でしたが、今年から希少種として大切に育てたいと思いますv-8
外出自粛中には貴重な雑草ですからv-12
  1. 2020/05/10(日) 23:43:32 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3359-5951cee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する