FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

マユミ (ニシキギ科ニシキギ属)

金沢のお正月のお菓子の福梅に似ている実を沢山付けるマユミです。
花は小さく目立たないので撮る気にはならなかったのですが、赤い葯が可愛かったので撮りました。
まだ蕾が多いのに、下の水たまりにたくさん落花していました。木を揺するとパラパラと花が落ちてきます。
木に付いて開いている花は、白い花弁が4枚で赤い葯がついた長い雄蕊が4本で短い雌蕊が1本です。
檀の木は1本だけなので雌雄異株ってことはないのですが??

と、思って再度確認してみました。
よくよく株元を見ると枝だと思っていた一番下の枝は地面から生えていました。
と言うことで、雌蕊(花柱)の長い花が咲く木と雌蕊(花柱)が短い花が咲く木があることが分かりました。
これが雌雄の違いなのか、どちらも実が成る? のかはもう少し待たないとわかりません。

と、思って一昨年の檀の実の写真(最後の写真)を調べたところ、雌蕊(花柱)の長い花が咲く木の方に実が成っていました。
花柱が短い花(雄花?)が咲く木は実が成らない雄株で、花柱が長い花(雌花?)が咲く木は実が成る雌株でした。

と、言うことで、檀は雌雄異株ということになりました。


マユミ 2001

↓ほとんどの花が逆さまに落花するので緑色の細長いものは雌蕊ではなく花柄です。
マユミ 2002


マユミ 2003


マユミ 2004


マユミ 2005


マユミ 2006

↓マユミの雄花、メシベよりオシベが長い。
マユミの雄花 2007

↓マユミの雌花、メシベの方がオシベより長い。
マユミの雌花 2008


↓2018年11月28日撮影  紅葉気味の葉が付いた左側の木には実が成っていなく、右側の小さな木には実がたくさん成っています。
マユミ 1800

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2020/05/26(火) 21:55:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<紫片喰 | ホーム | 裏白父子草>>

コメント

こんばんは!

ググってみると マユミは雌雄異株という情報がありますが 株のなかには 雌しべが短い花をつける個体があり 結実しにくい傾向があるだけなので 雌雄同株とするのが妥当のようで 鉢植えの状態で市販されている株は 基本的に雌株で 雌株単体でも花が咲き 実を結ぶ植物のようですよ。

私もこの花を撮ってあるので いつかアップしようかと思っていました。
雌しべの長さまでは気にかけていませんでした~ 
それに秋に果実ができたら撮ろうとおもっていたのに 刈り取られてしまいました~涙!
  1. 2020/05/27(水) 17:59:51 |
  2. URL |
  3. pole pole #O4IsfrEI
  4. [ 編集 ]

pole pole さん
こんばんは。

「刈り取られてしまいました~涙!」って強剪定?v-8それとも伐採?v-12
我が家のマユミは数年前に鳥が運んできたものですが、
同じ場所に雌雄1本ずつ生えていたとは知りませんでした。
大きい方の木が雄株で小さい方が雌株ということです。
我が家のマユミの花では、雌花の花柱は雄花の花柱の3倍ほど長いことが分かりました。
  1. 2020/05/27(水) 21:42:36 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3372-32195214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する