FC2ブログ

「花もわたしを知らない」

花と写真の学習帳

蝮草

マムシグサ (サトイモ科テンナンショウ属)

秋に真っ赤な実をつけるマムシ草、今はどうなっているのでしょう?
こも被りの内側には垢がいっぱいなのでは?
でも青い実の皮を剥がすのは気が引けます。
もう少し皮が剥けそうなのはないでしょうかと見渡すと剥けそうなのがありました。
萎びた皮をそ~っと中ほどまで剥いてみました。
大きな虫が干からびていました。
いっそのこと付け根まで一気に剥いてみました。いろいろな虫が干からびていました。

マムシグサ 2001


マムシグサ 2002


マムシグサ 2003


マムシグサ 2004


マムシグサ 2005


マムシグサ 2006

テーマ:青い実 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/12(金) 20:34:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<< | ホーム | 蛍蛾>>

コメント

全てが不思議

全てが意外性としか思えませんでした。
紛れ込んで命を終えた者ども
新しい命の象徴のような青い実
エジプトのピラミッドも不思議ですが
こちらの姿はもっと不思議で
謎が説かれる日はないんではないかと思ってしまいます
いつも貴重な情報ありがとうございます
またお邪魔します、おるごどんさん
  1. 2020/06/15(月) 16:58:49 |
  2. URL |
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

kozoh55 さん
こんばんは。

世の中には「蝮の・・・」と言われる嫌われ者がいます。
この花も受粉する為に小さな虫を引き入れるのですが、出口を準備してないので、虫は出口を探してさ迷っているうちに干からびるんですねv-12
ピラミッドに入って出られなくなった墓荒らしですね。
「ミイラとりがミイラになった」ってことなんでは・・・v-8
  1. 2020/06/15(月) 20:26:19 |
  2. URL |
  3. おるごどん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orugodon.blog17.fc2.com/tb.php/3387-1af3c578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

おるごどん

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する